ブログトップ

jota@音声担当の日々あれこれ

jotajiri.exblog.jp

カテゴリ:徒然( 36 )

5月も終わりですか。

今日は北海道では30度を超える気温を記録したとか。
宮崎は風は爽やかですが、日差しは夏のそれになりつつありますね。


さて今年成人式を迎えた娘さんは
4月に熊本で催された農業を志す人達の為の交流会に参加して
熊本県宇土市に本社を置く農業法人の社長さんとの出会いがあり
あれよあれよと言う間に就職が決まってしまいました。

5月現在、熊本県山都町蘇陽にある農場に勤めることとなり、
近所の農家さんの離れに間借りしつつ、日々農作業に精を出している模様。
運転免許を持たず、移動手段は誰かの車に同乗させてもらうか自転車。
山の中の生活は不便なことも多いようですが、志望していた農業の仕事に
本人は至って元気に楽しんでいる様子で、ホッとしております。

とはいえ、課題もたくさん。
運転免許も取らねばなりませんし、いつまでも間借りもできませんから。
とりあえず親として援助できる限りのことはせねばならないと思ってます。


延岡にて介護付き老人ホームに入居してもらっている両親。

4月の頭から原因不明の熱を出して寝たきりとなっている母。
(パーキンソン症候群の認定を受けておりますが、病状が進むにつれ、
レビー小体型認知症ではないかという疑いが濃くなりました。)
一応施設には看護師もおり、二週に一度主治医の診察もあり。
入院も考えましたが、経済的な理由で在宅での対応としました。
先日様子を見に行った時には、久しぶりにお風呂に入れてもらって
髪の毛もサラサラになっておりました。
まだベッドに横になっている時間の方が長く、体を起こすのは
食事の介助を受ける時だけの様ですが、
快復したらまた連れて行きたい場所がたくさんあります。
どうかまた自分で動けるほどに快復しますように。

右辺麻痺にて車イスの父は変わらずマイペースに
ホームでの生活を過ごしている様子です。
時々、母との会話に母の幻想や妄言が入ることを受け入れられず
疲れを口にしてはおりますが、それも仕方ないことと思っている様子。
それもまたやむなし、か。


どうか両親の日常が穏やかで安らかな時間でありますように。
[PR]
by jotajiri | 2014-05-29 18:16 | 徒然

明けましておめでとうございます。

あっ



という間に年が明けておりました。



昨年7月末にて延岡の実家を売却処分し
8月からは宮崎市内で安アパートを借りて
一人暮らしをしております。

来週の成人の日には一人娘の成人式が。
仕事があるので臨席することはできませんが。
式にはパンツスーツで出席すると言っておりましたが
一応晴れ着での写真撮影はしてくれるとか。

就職先とかいろいろ気になることばかりですが
良い方向へと向かってくれることを祈り願いたいと思います。
[PR]
by jotajiri | 2014-01-09 19:42 | 徒然

1年半のブログ放置の果てに

久しぶりの更新になります。

いろいろ有り過ぎて何から書けばイイやら分かりませぬ…。


とりあえず、今日は最愛の一人娘の高校卒業の日です。
多感な彼女は高校1年生を2回過ごしたので、高校生活に都合4年の年月を掛けました。

こうして卒業の日を迎えられて、本当に良かったと思います。

この春、彼女は京都に就職して行きます。

初めての親元を離れての一人暮らし。
戸惑うコトもたくさん有るでしょう。
慣れない土地で苦労も有るでしょう。

今年の8月には二十歳を迎える我が娘です。
軽やかに乗り越えて行ってくれるコトを祈ります。
[PR]
by jotajiri | 2013-03-01 07:28 | 徒然

伯父の初盆

明日は我が子の18歳の誕生日でもあるのですが(^^;

さておき1月に亡くなった伯父(親父の兄)の初盆に
関西近辺から久しぶりに親戚が帰って来ると云うので
高千穂にある、荒れたままになった親父の実家を
片付け・掃除をあれこれ出来る範囲でやらかして
明後日14日に慰霊祭的な感じで神主さんに来てもらいます。

相続の事で親父と親戚の叔母達との間で諍いがあった
その事について決着してはいないのだけれど
その親父達の世代も70代を越えて身体の自由も利かない
僕たちの世代が受け継いで出来ることを模索しなくちゃいけない
そんな時期に来ているのだろうなと思うのであります。

宮崎市内に住まう母方の長姉の旦那様(伯父)の初盆でもある。
なので宮崎にも顔を出しておきたいところなのだよなぁ。。。
[PR]
by jotajiri | 2011-08-12 12:43 | 徒然

黄金週間

両親が介護付き老人ホームへ入居して一ヶ月半ほどが経ちました。

母も落ち着いてくれるかと思いきや、そう上手くはいかないものです。
逆にパーキンソンの病状が悪くなっているように見えます。
実際のところ今まで勧められなかった「特定疾患医療費受給証」の
交付申請を勧められました。
これは病状のレベルに依って許可/却下が変わります。
許可が下りるだろうと判断されたからこそ、交付申請を勧められると。

父はそんな母の様子に夜も寝られず焦燥しております。
お通じに効くお灸を据えれば正常に戻ると信じて止まない父の訴えに
南宮崎に在るという灸をしてくれる診療所らしいところへ母を連れて行く
画策をしております。少しでも良くなる兆候がつかめれば良いのですが。


それにしても。
この状態で良いものだろうかと悩むばかり。。。
[PR]
by jotajiri | 2011-05-03 11:59 | 徒然

天地鳴動

3.11 東北地方太平洋沖地震 によって亡くなられた皆様のご冥福と
被災された皆様へのお見舞いを、心より申し上げます。
どうか一日も早く平穏な日々が訪れますようお祈りいたします。


さて。

父の退院日/介護施設への入居日が決まりました。
これでとりあえずは一区切り。
母も父が一緒に居る事で落ち着いてくれる事かと思います。

その日まで後10日。

まだまだ其の先も日々は続きます。
自分が倒れないように頑張ります。
[PR]
by jotajiri | 2011-03-15 00:03 | 徒然

明日から3月。

本日から母は有料老人ホームに入りました。


パーキンソン病の進行を止める事はできなくても
その進みを遅くする事はできるのですが、
僕ら子供達にはまだまだ役不足のようです。

何かと母の言動にイライラが募り
笑顔を向けることができない事が増えました。

結果、この半年で母の病状は悪化するばかり。
一年前に比べたら歴然と。
そばに居るだけにそれが分かります。

けれど、どうにもできませんでした。


父は偉大です。
母の病状の進行を抑えつつ
母と二人の生活を5年以上も過ごしたのです。



今日、先ず母が有料老人ホームに入居しました。
3月中には父も同じホームに入居となる予定です。

父が一緒に居る事で母の状態が
少しでも落ち着いてくれる事を

一日も早く父が母の元に戻ってきてくれる事を

祈るばかり。



どうか
どうか


両親に安らかで健やかな日々が訪れますように。
[PR]
by jotajiri | 2011-02-28 23:32 | 徒然

年始もとっくに過ぎましたけど。

今更ですが今年も不定期更新のブログです。
よろしくお願いいたします。

父の障害者手帳の申請が通り、手帳が交付されました。
本人は微妙な気分だろうとは思います。

なんとしても元の様に動けるようになりたいという思いに
水を差すことになってしまわないかという不安もありました。

昨年10月半ばから再び父が入院してしまい、
一人になった母の世話の為に、ほぼ延岡の実家に出戻り状態です。

さすがにこの事態に至って父は母と二人での生活に不安を持ったようで
退院後は二人で介護施設への入居もやむなしと考えているようです。

となると掛かる費用が足りるのか?そちらの方も不安でいっぱい。
なので倹約できることは全て倹約して行かねば、ということで
諸々優遇を受けられるならと申請をしてみたところでした。。。

とりあえず施設の目処はつきましたが、空き待ち状態。。。

どうなることやら。。。
[PR]
by jotajiri | 2011-01-20 20:38 | 徒然

父が退院して一月半経ちました。

なかなか更新されないブログです。

退院後は再び父と母の二人暮らしなので介護認定を受けて
デイサービスの利用とホームヘルパーさんに朝夕入っていただいてます。

毎日決まった時間にスケジュールが組まれた生活は久しぶりで
父も母も少々お疲れ気味かも。
ですが二人で暮らすためには仕方が無いと頑張ってくれています。


父の身障者手帳申請のために写真を撮りました。
使ったのは別の写真ですが、こんな風に寄るのも面白いなと。

d0148695_9221723.jpg


ちょっといかりや長介氏に似てるかも。


病院でお世話になり、今も通院時に診察を受けている山田先生と父。

d0148695_9251114.jpg



リハビリ時にお世話になった皆さん。
父の教師時代の教え子さんもいらっしゃって、世間は狭いものだと。
皆さん明るい方ばかり。

d0148695_9263856.jpg




父と母。
いつもこんな穏やかな表情で居てもらえたら嬉しいのです。

d0148695_9244752.jpg

[PR]
by jotajiri | 2010-10-15 09:34 | 徒然

母を連れて。

延岡から大分県佐伯市宇目にある
民宿「夏木小屋」とJazz&喫茶「いとう」に行ってきました。

民宿「夏木小屋」の管理人 柳井美樹さんと。
d0148695_21451613.jpg
d0148695_2145401.jpgd0148695_2146411.jpg

両親にとって心からのんびりとできる数少ない場所の一つ。
「夏木小屋」 詳細はこちら 民宿「夏木小屋」

そしてJazz&喫茶「いとう」
d0148695_21462773.jpg
玄関を入った前の間には、このような感じで季節感のある飾りが。

d0148695_21465214.jpg
こだわりのスピーカー達。

d0148695_21471776.jpg
d0148695_21485033.jpg
新緑がきれいです。

d0148695_21491413.jpg
奥様が庭の茶の木の新芽を摘んで天ぷらにして下さいました。
苦みもありますが、カラッと揚がっていて美味しかったです。
大人の味ですね。


画像はありませんが、326号線沿いの「杜のTshop」という
農園ショップにも寄ってきました。
一番人気は石窯焼きパン。駐車スペースのすぐ横に石窯があります。

詳細はこちらで。 「オリジナルの宇目に出逢う」


久しぶりに県北から大分県境へドライヴ。
母にも良い気分転換になったようでした。
[PR]
by jotajiri | 2010-05-09 22:27 | 徒然